TOPコンテンツ一覧 > 医療費控除

医療費控除

クリニックによっては、インプラント本体だけの値段表示をしているところもありますから、注意が必要です。医療費控除では、医療費の全てが戻るわけではなく、所得と治療費によって一定の割合の控除を受けることになります。治療費だけでなく、治療のための通院費も控除の対象となっています。医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高200万円まで)となります。

実際に支払った医療費の合計額−(A)保険金などで補填される金額−10万円。(A):生命保険契約などで支給される入院費給付金、または健康保険などで支給される療養費、家族療養費、出産育児一時金などです。(B):その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額となります。控除を受けるための手続きですが、所得税の確定申告書の所定の欄に、医療費の控除に関する事項を記入して、納税地の所轄税務署に提出してください。

都心部の治療費は、比較的高くなっています。宣伝広告費の差(一等地に看板を出したり、雑誌に掲載したり、CM広告を打っている歯科クリニックは必然的に治療費も高くなります)、各歯科クリニックの利益(技術料など)の差があります。格安のインプラントを歯科クリニックが提供できるカラクリとして、一般的に次のように考えられています。□材料費が安いインプラントを使用している。□インプラントメーカーから大量購入することにより、仕入れ値を安くしている。

インプラント治療の数的に多く行う(数をこなして1本あたりの利益率が低いのを補う)。インプラントがダメになってしまう場合、そのほとんどは歯周病によって土台である骨が脆くなってしまい、支えられなくなった場合なのです。ですから、インプラントが歯周病などに冒されないように、定期的な検診が非常に重要になります。インプラントの寿命をより長くするために、食後のブラッシングを習慣付けるなど、自分自身で口内環境を清潔に保つことが必須となっています。せっかく高い料金を支払うのですから、最後まで大事に付き合っていきたいものです。

著作権について

  • 当サイト[インプラントの値段知りたい!]内に掲載されている文章・画像等の著作権は、サイト運営者に帰属しています。
  • 文章や画像等の無断転載、複製・配布等は固くお断りいたします。
  • 当サイトからのリンク先で発生した賠償・苦情・損害等のトラブルについては、何ら責任を負いませんのでご了承ください。

コンテンツ一覧

当サイトについて

「インプラントの値段が知りたい!」へようこそ。サイト管理人のkururuです。

このサイトではインプラントの値段に関する内容を掲載しています。